フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)東京・世田谷区エリアの給料予想!注文・配達を徹底解説

東京 Uber Eats(ウーバーイーツ)エリア情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)世田谷区のサービスは始まっている?

Uber Eats(ウーバーイーツ)が日本で営業を開始したのは、2016年9月29日のことです。この時は、東京都内の恵比寿・渋谷・青山・六本木・赤坂・麻布とエリアが限られていました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が世田谷区内でも利用できるようになったのは、2017年12月14日からでした。Uber Eats(ウーバーイーツ)の日本上陸から一年以上が経過してから世田谷区内でもそのサービスが利用できるようになったのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)世田谷区のおすすめ加盟店・レストラン店舗情報

世田谷区内の主要駅と言えば二子玉川・三軒茶屋(田園都市線)・下北沢(井の頭線・小田急線)などがあげられます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)が利用できる下北沢エリアのお店では、中華料理の「香港餃子酒場」やインド料理の「ナマステ東京」などがあります。

また、三軒茶屋エリアでは、韓国料理の「チジミゴー」や日本料理の「淡路島と喰らえ[おつまみ]時々[お食事]、二子玉川エリアではイタリア料理の「シャッターズ」、日本料理の「肉と魚のひかみ」などがおすすめです。その他にもおすすめのお店が多いのもこのエリアの特徴です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)世田谷区のサービス営業時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)の世田谷区内での営業時間は、午前8時から午後24時までです。しかし、加盟店の営業時間によって若干の差が生じています。

利用したい店舗の営業時間内であれば概ねUber Eats(ウーバーイーツ)の利用ができると考えてよさそうです。ただし、念のため注文をする際にUber Eats(ウーバーイーツ)の利用が可能かどうかを確認しておくことをおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)世田谷区の配送料・基本料金

Uber Eats(ウーバーイーツ)に利用には2つの料金が発生します。1つは配送料です。これは50円からで配達する距離に応じて変化をします。

もう1つはサービス料です。注文した商品の代金の10%がサービス料となります。しかし、上限が設定されており350円が上限です。つまりは、3,500円以上はいくらでもサービス料は350円となるのです。

配送料は、注文先の店舗と配達先の距離によって異なります。注文時に自動的に計算されます。近いお店からの注文では安くなりますが、遠いお店だと高くなります。また、注文の多い時間帯は配送料が高くなるので場合によっては1,000円に近い金額となることもあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)世田谷区で使えるお得なクーポン情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用する際に活用できるクーポンは数多くあります。その代表的なものが最初の利用時に利用できるクーポンです。

初回利用のクーポンの内容は、なんと2,000円割引という破格のクーポンです。利用の際はプロモーションコードを入力して使用します。このクーポンは、チラシとしてポストに投函されていたり、ウーバイーツを紹介するサイトでも配布されています。

その他、店舗限定で利用できる700円割引のクーポンやアルコール飲料限定の30%割引クーポンなどがあります。その他にも数多くのクーポンがありますので、利用する前にググって調べるとお得に利用ができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)世田谷区の注文の始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)での注文をするためには、Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用登録を済ませる必要があります。

会員登録は氏名、電話番号、メールアドレス、配達先などを登録するだけの簡単なものです。登録時に指示も表示されるのでおそらく迷うことなく登録が完了できるはずです。

スマートフォンをメインに利用する場合はアプリのダウンロードがおすすめです。いずれにしても登録が済めば注文が可能になります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)世田谷区は稼げる?

世田谷区内は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店が多くあり、同時に利用される方も多いのでそれなりのニーズはあります。しかし、エリアによって大きな差が生じます。

特に稼げるのは三軒茶屋から駒沢エリア、合わせて渋谷区に隣接するエリアです。近隣の配達が多い傾向にあるので数をこなす必要が生じます。その為、配達員が多い場合は、注文の取り合いとなる側面があり、厳しい競争がある実情もあります。

仕事がないということはありませんが、競争相手が多い実情があることは理解をしておく必要があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)世田谷区の配達の始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員を始めるためには、まずは登録をする必要があります。この登録はインターネットから行うことができます。
まずは、アカウントの作成です。

アカウントの作成には、氏名、連絡先などの個人情報の入力と本人確認のための書類、免許証などの書類を画像で送付する必要があります。同時にプロフィール写真として本人の顔写真を送付します。

これらを済ませれば概ね登録が完了です。問題がなければUber Eats(ウーバーイーツ)から登録の承認がなされます。

そして、最後にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達用のバックを入手する必要があります。この配達バックの入手にはこれまで登録センターに出向き本登録を行った上で、購入する仕組みでしたが、現在はAmazonで購入することが可能です。

このように登録を済ませ、バックを入手したら配達を開始することができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)世田谷区で稼ぐための方法

世田谷区内で効率よくUber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐためにはこの地域の特性をよく理解をする必要があります。

簡単に言えば住宅地とターミナル駅の隣接地域がねらい目となるのです。世田谷区内で該当する地域は中心部に位置する駒沢エリアです。エリアによって目黒区、渋谷区と隣接します。また、平日と休日では様相が一変します。

休日は家庭への配達、平日は職場への配達が増える傾向にあります。よって、平日はよりターミナル駅に近いエリアが効率が良く、休日は住宅地に近いエリアが効率が良くなるのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)世田谷区で稼げるエリア

世田谷区内で稼げるエリアはまずは国道246に隣接する二子玉川から三軒茶屋までのエリアです。合わせて下北沢を中心とするエリア、新宿区、渋谷区との隣接地域がおすすめです。自由が丘は都立大学と並んで目黒区のエリアとなります。

特におすすめなのが三軒茶屋です。2駅先は渋谷、近くに駒沢公園があり、住宅地が広がります。よって様々なニーズが生まれるので稼ぎやすいエリアとなるのです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)世田谷区の給料・報酬予想

世田谷区内の配達は、配達距離が比較的近いものが大半を占めることになります。その為ある程度の数をこなさなければ大きな稼ぎにはなりません。

昼食時、夕食時の2つのコアタイムで2時間稼働、夕食時に3時間稼働すると想定すると、昼食時に3件~5件、夕食時に5件~8件ほどの配達が可能になります。1回の配達での報酬は500円~600円ですから時給に換算すれば1,500円前後となります。

最も個人差が非常に大きく出るので稼げる人は倍ぐらい稼ぐわけです。一日の報酬としては7,000円~10,000円と想定できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)世田谷区まとめ

世田谷区は渋谷区・新宿区・目黒区・大田区と隣接したエリアです。中心部には駒沢エリアがあり、東横線、田園都市線、小田急線、京王線、井の頭線、大井町線、世田谷線と多くの鉄道が走る地域でもあります。その為、住宅地と商業地が隣接するエリアとなっているのでUber Eats(ウーバーイーツ)の利用も多いエリアとなっています。

住宅地が隣接していることからコアタイムが都内中心部より短い傾向があり、18時から22時までが稼ぎ時となるエリアとも言えます。時間の経過と共に可動エリアを都内方向に移動させるのが効率の良い稼働法かもしれません。

また、お店も多くUber Eats(ウーバーイーツ)も多く存在します。その為、比較的Uber Eats(ウーバーイーツ)の利用しやすいエリアが世田谷区と言えるようです。