フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)のトラブルでよくある原因と解決方法

問題点と解決方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)には様々なトラブルがある

自分の好きな時間に気軽に働ける仕事として人気が高いUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、何回も仕事をこなしている人でも失敗やトラブルに遭遇してしまうことがあります。これからUber Eats(ウーバーイーツ)の仕事を始めたいと考えている人の中には、Uber Eats(ウーバーイーツ)で起こりやすいトラブルやその回避策や解決方法が気になる人も多いのではないでしょうか。この記事では実際に起こったことのあるUber Eats(ウーバーイーツ)のトラブル事例や、トラブルを事前に回避する方法、トラブルの解決方法について解説します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のトラブルでよくある事例

Uber Eats(ウーバーイーツ)で起こるトラブルにはさまざまなものがありますが、前もって知識を持ち予防方法を理解していれば回避できるトラブルもあります。Uber Eats(ウーバーイーツ)で仕事を始める前に、さまざまなトラブル事例や予防方法を頭に入れておきましょう。

届け先の部屋番号が分からない

注文された商品を配達する際に届け先の住所が必要となるのですが、稀に注文した人が住所の入力を忘れていたり、Uber Eats(ウーバーイーツ)アプリの不具合で保存していたはずの住所が消えてしまっていたりすることがあります。また住所の設定が市区町名のみになっている場合もあり、この場合には届け先の人に連絡して住所を確認しなければいけません。

解決方法

届け先の部屋番号が分からなくなった場合には、まずは届け先の人にメッセージもしくは電話で連絡して正しい住所を確認しましょう。届け先の人と連絡が取れなくなった場合には、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートに連絡してください。
10分以上届け先の人から返信が来なければ自動的に注文がキャンセルされる仕組みになっています。

今後の予防方法

従来Uber Eats(ウーバーイーツ)で仕事を受けた段階では配達先がわからなかったのですが、2021年3月からは仕事のリクエストを受け取る段階で配達先がわかる仕様への変化が進められています。
もしも部屋番号がわからない届け先への配達を完全に避けたいのであれば、リクエストを受け取る段階で届け先の部屋番号がわからない仕事は受けないことをおすすめします。

届け先の人と連絡が取れない・不在である

届け先の住所がわからなくなった場合にはメッセージで届け先の人に教えてもらう必要があるのですが、メッセージを送っても返信がなく電話にも出てもらえないこともあるのです。
また届け先の住所まで商品を配達してインターホンを鳴らしたけど、注文した人が不在で商品の受け渡しができない…という場合もあります。届け先の人と接触できなくても、注文を勝手にキャンセルすることはできません。

解決方法

先述したように、10分以上届け先の人から連絡が返ってこなければ自動的に注文がキャンセルされます。届け先の人が不在の場合も、注文者に電話をかけて連絡してみてください。
連絡後10分以上待っても届け先の人から連絡がなければ自動的に注文がキャンセルされて配達終了です。

今後の予防方法

現在地から離れている場所への配達を回避することはできても、届け先の人と連絡が取れなくなったり不在であったりすることは避けられません。前もって予防するのは難しいトラブルなので、解決方法を頭に入れてトラブルに遭遇した際にすぐに対処できるように準備しておきましょう。

現金支払いをお釣りが無い

Uber Eats(ウーバーイーツ)での支払いは通常アプリ内でクレジットカード決済されるため、基本的には商品を配達した際に注文者とお金のやり取りを行う必要はありません。しかしUber Eats(ウーバーイーツ)では代引きによる現金支払いも選択可能なので、注文者が現金支払いを選んでいる場合は配達者が現金を受け取る必要があります。
しかし前もってお釣り分の現金を用意するのを忘れていると、現金支払いの際にお釣りが無いというトラブルが発生してしまうのです。

解決方法

もしも届け先に到着してから現金支払いのお釣りが足りないことに気付いた場合には、注文者にお釣りを用意するため待ってほしいことを伝えて最寄りのATMにお金を引き出しに行きましょう。

今後の予防方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)で現金支払いの注文を受け付けるか断るかは、アプリの設定で切替が可能です。お釣り分の現金を用意できない時には、アプリの設定で一時的に現金支払いを受け付けないように設定しておきましょう。

配達で受け取った食事がぐちゃぐちゃだった

配達の際にどれだけ注意していても、届けた商品の中身がぐちゃぐちゃになっている場合があります。食事の量に対して容器が大きすぎて中身が一カ所に寄ってしまったり、飲み物や汁物がこぼれてしまったりするトラブルが多いです。
ぐちゃぐちゃになった商品をそのまま渡してしまうとクレームや低評価の元になってしまうので、届け先に到着したら商品の受け渡しを行う前に商品の状態を確認することが重要です。

解決方法

配達中に商品がぐちゃぐちゃになっていることに気付いたら、まずはUber Eats(ウーバーイーツ)のサポートに連絡しましょう。サポート側から届け先の人にフォローしてもらい、配達をキャンセルできます。
自分がキャンセルしてもほかの配達者が変わりに新しい商品を届けてくれるので、心配する必要はありません。

今後の予防方法

配達する食事がぐちゃぐちゃになるのを防ぐ方法としては、タオルや滑り止めシートを使用して配達中に商品が動きづらいように工夫する方法がおすすめです。またUber Eats(ウーバーイーツ)のアプリでは配達者から注文者にメッセージを送信できるので、「崩れやすい商品であるため慎重に運んでいる」ことを連絡して時間をかけて丁寧に配達する方法もあります。
運び方に関係なく、商品の梱包状態が悪く誰が運んでも食事がぐちゃぐちゃになってしまうこともあるため注意が必要です。

受け取った食事のメニューが異なっていた

基本的にUber Eats(ウーバーイーツ)の仕事は、お店の人に渡された商品を注文した人に届けるだけで完了します。しかしお店の人から受け取った商品をそのまま届け先に持って行くと、利用者が注文した商品と配達した商品が違っていることもあるため注意が必要です。
複数の利用者から同時に注文が入ると、お店側が混乱して商品の振り分けを間違えてしまう可能性もあります。ほかの人が配達するはずだった商品を間違えて自分が受け取っている…というトラブルもあるため、お店を離れる前にまずは商品と注文内容が一致しているか確認してください。

解決方法

注文者に食事のメニューが間違っていると指摘された際には、まずは注文番号が正しいか確認しましょう。注文番号が間違っていた場合、ほかの配達者が運ぶべき商品を間違えて自分が受け取ってしまっています。すぐにUber Eats(ウーバーイーツ)のサポートに連絡し指示を仰いでください。
一方注文番号が正しいのに注文者にメニューが間違っていると指摘された場合、お店側が梱包するメニューを間違えていたり入れるべき商品が入っていなかったりする場合があります。注文者にUber Eats(ウーバーイーツ)のサポートに連絡してもらうようにしましょう。

今後の予防方法

商品を準備する責任はお店側の責任なのですが、実際に届け先でクレームを受けるのは配達者です。お店で商品を受け取った際には、配達を始める前に注文内容とこれから配達する商品が一致しているか確認するようにしましょう。
お店を離れてから確認するのでは、商品が間違っていた場合にお店から離れているほど時間を無駄にしてしまいます。配達メニューの間違いを防ぐための方法としては、お店を離れる前に確認することが最もおすすめです。

配達のピンずれが起きてしまった

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達中には、届け先の住所のピンがずれて正しい住所がわからなくなってしまうというトラブルが起こる可能性があります。また最初からピンがずれていることもあるのです。
届け先の住所がわからなければ商品を配達できないので、配達中にピンずれが起きた際には正しい届け先の住所を調べ直す必要があります。

解決方法

ピンずれが起きてしまったけど届け先の住所は登録されているという場合には、Googleマップに住所を入力してピンの位置を修正しましょう。物件名まで入力されているのであればより正確な場所を調べられます。
Googleマップに住所を入力しても正しいピンの位置がわからない、届け先の住所が登録されていないという場合には届け先の人にメッセージもしくは電話で連絡して正しい住所を確認しましょう。

今後の予防方法

配達の際にピンずれが起きてしまうのを完全に防ぐことはできません。ピンずれによるトラブルが発生した際に速やかに対応できるよう、予めピンずれが起きた時の解決方法を頭に入れておきましょう。

領収書の発行をお客さんに依頼された

Uber Eats(ウーバーイーツ)で届け先に商品を配達すると、注文者に請求者の発行を依頼されることがあります。Uber Eats(ウーバーイーツ)で購入した商品の領収書は、アプリやウェブサイト、メールで確認が可能です。
Uber Eats(ウーバーイーツ)の領収書は注文者自身で印刷しなければいけません。しかし中には、配達者に領収書の発行を依頼してくるお客さんもいるのです。

解決方法

届け先のお客さんから領収書の発行を依頼された場合には、まずはアプリやウェブサイト、メールで領収書を確認できることを伝えましょう。しかし中には手書きの領収書の作成を要求してくるお客さんもいます。
基本的にUber Eats(ウーバーイーツ)では手書きの領収書に対応していないので、もしも手書きの領収書の作成を要求された場合にはUber Eats(ウーバーイーツ)のサポートに連絡して指示を仰いでください。

今後の予防方法

仕事を受け付ける前に領収書の発行を依頼してくるお客さんを判別するのは難しいため、トラブルの発生を事前に避けることはできません。そのためトラブルが発生した際に迅速に対応できるよう、Uber Eats(ウーバーイーツ)の領収書作成についての知識を頭に入れておくことが大切です。

届ける前に配達完了処理をしてしまった

指が当たったり雨水にスマホが勝手に反応したりして、商品の配達が終わる前に配達完了処理をしてしまうトラブルもあります。配達完了処理を行ってしまうと、届け先の住所がわからなくなってしまうのです。

解決方法

間違えて配達完了処理をしてしまった場合には、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートに連絡しましょう。サポートが注文者に連絡し、再度住所の確認を行ってくれます。建物までたどり着いていて部屋番号だけわからないという場合には、注文者が建物の入り口まで商品を取りに来てくれる場合もあります。

今後の予防方法

間違った配達完了処理を回避するためには、配達中にスマホが勝手に操作されないように守る必要があります。防水機能付きのスマホスタンドや高吸水タオルを使用すると、雨水からスマホの画面を保護できます。また日頃から住所を覚える力を磨いておくと、間違えて配達完了処理をしてしまった時でも住所の再確認が可能です。

配達の途中に交通事故に遭ってしまった

Uber Eats(ウーバーイーツ)では自転車やバイクを使って商品を配達するため、配達中に交通事故に遭う可能性もゼロではありません。問題なく商品の配達を終えるのが理想ではありますが、自転車やバイクを運転する以上いつ自分が交通事故に遭ってもおかしくないと理解しておきましょう。

解決方法

商品を配達中に交通事故に遭ってしまった場合、まずは事故の対応を最優先に行ってください。事故の対応が終わり自由に動ける時間になったら、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートに連絡しましょう。
Uber Eats(ウーバーイーツ)は、配達中の事故については一定の補償が用意されています。

今後の予防方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)に限らず、どんなに気を付けていても交通事故に巻き込まれてしまうことがあるため交通事故を完全に回避することはできません。しかし少しでもトラブルに遭遇する確率を減らすため、Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達時には自転車やバイクの運転、周囲の状況に細心の注意を払うようにしましょう。

食事の配達に時間が掛かりすぎてしまった

商品を受け取った後、道の混雑や突然のトラブルなどが原因で食事の配達に時間が掛かりすぎてしまうことがあります。配達があまりにも遅いと注文者からクレームや低評価を受けることがあるため注意が必要です。

解決方法

配達が遅れてしまった時は、住所がわからなくなってしまった、お店側が商品を用意するのが遅かったなど配達が遅れている理由を注文者に連絡しましょう。

今後の予防方法

お店の失敗やアプリの不具合などのトラブルによる配達の遅れは、配達者がどんなに頑張っても防ぐことはできません。ただし道に迷ったなどの失敗は配達者自身の責任になってしまうため、土地勘に自信のない地域への配達は最初から受け付けないことをおすすめします。

配達する食事が冷めてしまった

注文された商品が温かい食事だった場合、配達している間に食事が冷めてしまうこともあります。注文者によっては食事が冷めていることに腹を立て、クレームを入れてくる人もいるため注意しましょう。

解決方法

食事の温度が冷めないようにするためには、可能な限り素早く商品を配達する必要があります。もしも届け先がわからなくなったり道に迷ったりした場合には、注文者やUber Eats(ウーバーイーツ)のサポートに連絡して可能な限り早く問題を解決できるようにしましょう。

今後の予防方法

お店の場所から届け先の住所が離れていると、どうしても温かい食事が冷めてしまうのを避けられません。しかし配達の際に事前に注文者に気遣いのメッセージを入れておくと、クレームや低評価を受ける確率は低くなります。

配達に使うスマホの充電が無くなってしまった

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事には、スマホが必要不可欠です。専用のアプリで仕事を受注し、届け先の住所や配達する商品を受け取る店舗を確認します。
しかしずっとスマホを使っていれば、次第にスマホの充電は減っていきます。特に配達中にスマホの充電が切れてしまうと、住所がわからなくなり商品の配達が遅れる原因になってしまうため注意が必要です。

解決方法

もしも配達中にスマホの充電が無くなってしまった場合には、まずはUber Eats(ウーバーイーツ)のサポ―トに配達が遅れると連絡するためにスマホを充電する必要があります。最寄りのコンビニでモバイルバッテリーを購入し、スマホの電源が入る状態にしましょう。
Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートへの連絡が完了したら、モバイルバッテリーでスマホを充電しながら配達を続けてください。

今後の予防方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に出かける際には、事前にスマホの充電を済ませておきましょう。もしもスマホの充電が少ない状態でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達に行かなければいけない時には、モバイルバッテリーを持参してスマホの充電切れに備えておくのがおすすめです。

自転車・バイクの調子が悪く、稼働できなくなってしまった

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事には、商品を配達するために自転車やバイクなどの乗り物が必要不可欠です。しかしどんなに注意して運転していても、移動中に誤って何かを踏んでしまいタイヤがパンクしてしまうこともあります。パンクに限らず、突然自転車やバイクの調子が悪くなってしまうこともあるでしょう。
仕事を始める前に調子が悪くなったのであれば問題ありませんが、配達中に調子が悪くなった場合は応急処置を行って自転車やバイクの運転を続けるか、替わりの乗り物を探して商品を配達しなければいけません。

解決方法

まずは現在地から届け先までの距離を確認し、徒歩で配達するとどの程度時間がかかりそうか確認してください。もしも徒歩であっても15分以内に到着できそうな距離ならば、注文者に到着予定の時間を連絡して待ってもらえるか確認します。15分以内であれば待ってくれる人が多いです。
一方徒歩だと移動に15分以上かかりそうな場合には、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートに連絡して指示を仰ぐ必要があります。

今後の予防方法

自転車やバイクを使って商品を配達する以上、仕事を始める前に乗り物本体に異常がないか確認しておくのが最も効果的な予防方法となります。しかしパンクなど、事前に本体を確認していても回避できないトラブルもありますよね。
予防方法としては、パンクしてしまった時のために応急処置できる道具を持ち歩いておくのがおすすめです。自転車のパンクの場合、瞬間パンク修理剤やパッチなどを使うことで一時的にパンクを修理できます。

解決が難しいUber Eats(ウーバーイーツ)のトラブルはサポートセンターに連絡しよう

ここまで紹介してきたトラブル事例に該当しない問題が起きて解決が難しい場合には、まずはUber Eats(ウーバーイーツ)のサポートセンターに連絡しましょう。自分1人で問題を解決しようとするのは危険です。
運営会社と注文者の間では金銭のやり取りが行われています。自分がどう行動するべきなのか、問題に合わせて最適な改善策をUber Eats(ウーバーイーツ)のサポートセンターに確認してください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のトラブルを避けて楽しく利用しよう!(まとめ)

Uber Eats(ウーバーイーツ)は近年始まったばかりの新しいサービスなので、便利な反面トラブルが頻発しています。今後Uber Eats(ウーバーイーツ)で仕事を始めようと考えている方は、今回紹介したトラブル事例や解決方法を参考にして事前にトラブルを回避してみてください。