フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達で起きるピンずれとは?起きる原因や解決を紹介

問題点と解決方法
現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーセンターが休止しています。それに伴い、現在はオンラインで配達パートナー登録を完結できます。すぐに配達パートナーとしての登録を完了させたい方は、こちらより1分程度で登録できます。

1分で完了!Uber Eats(ウーバーイーツ)配達の登録はこちら

Uber Eats配達パートナーは必見! 持っておきたいアイテム集!

Uber Eats配達パートナーの方は必見です!

配達時に持っておくと便利なアイテムを楽天ROOMにまとめました。

配達で他の人と差を付けたい方はチェック必見です!

楽天ROOMで便利アイテムをチェック!
「BIGLOBE rakuten_room 2+」
「BIGLOBE WiMAX 2+」
Uber Eats配達パートナーにおすすめ! Wi-Fiを無制限で使えるWiMAX!

Uber Eats配達パートナーにおすすめなのがこちら「BIGLOBE WiMAX 2+」!

容量無制限のモバイルWi-Fi端末なので、Uber Eats配達による通信制限の心配が一切ありません!

サービス開始月は月額0円で利用できるのもポイントです💡

BIGLOBE WiMAXの申し込みはこちら
監修:本田 忠嗣 Uber Eatsの配達を累計5,000回以上行う配達のプロ。効率化を追求し、Uber Eats配達での月間収益は50万円を超える。配達にあたりノウハウをこのサイトで完全公開中。 メッセージ:フード注文1,000円引きクーポンを配布しています!「interjpe216jg4v」をご利用ください。
クーポンを利用する
配達パートナーの登録はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)のピンずれとは

Uber Eats(ウーバーイーツ)を始めた人が悩まされる問題の一つとしてピンずれと呼ばれる現象があります。ピンずれとは注文者が入力した配達先の住所とウーバーイーツのアプリ上に表示される配達先が異なってしまい、目的地を意味するピンが正しい位置に刺さらず、ずれる現象のことです。

これが起きると、実際に地図が指し示す配達先に赴いても本当の配達先がない、あるいは間違った場所に配達してしまうことや配達先がわからなくなり、配達に遅れが生じてしまうなどの様々なトラブルから時間を大幅に無駄にしてしまうことがあります。人によっては数件に1回は必ず発生するなど注文者や配達パートナーの悩みの種となっています。そこで本記事ではピンずれが起きる原因やその対処法をご紹介いたします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のピンずれが起きる原因

ピンずれはだれも得をしないエラーです。配達パートナーにとっては時間を浪費する上に、正しく配達することができないリスクを抱えるため、配達員自身のbad評価にもつながります。注文者は配達が遅くなるため、冷めた料理を受け取ることになりますし、ウーバーイーツ側にとってはサービスの質の低下や、誤った場所に配達されることで返金処理を行うプロセスが生じてしまいます。

ではなぜピンずれが起きてしまうのでしょうか。その原因は大きく分けて3つあります。まずに一つ目にUber DriverアプリからGoogleマップに移動すること、つぎに二つ目として配達先の住所が異なっていること、そして三つ目に配達先のビル名・マンション名の記載が無いことが考えられます。以下で一つずつ詳しく解説します。

Uber DriverアプリからGoogleマップに移動する際に発生する

ピンずれはUber DriverアプリからGoogleマップに移動する際に発生する傾向にあります。配達パートナーが配達を開始すると、Uber Driverアプリの右下にナビというボタンが出てきます。これを押すとウーバーイーツ上の住所がGoogleマップに自動入力され、目的地まで案内をしてくれます。自動的に住所を入力してくれるため一見非常に便利な機能ですが、この機能を使うとピンずれが起きやすくなります。

原因は不明ですが、現時点ではUber Driverアプリ上のマップ精度は極めて低く、正確に位置が表示できないケースが多々あります。Uber Driverアプリを過信してしまうと、ピンずれにより全く違う場所に辿り着いてしまうのです。これに関しては今後のアップデートでの改善、サービスの向上に期待したいところです。

配達先の住所が異なっている

つぎの原因として配達先の住所が異なっていることが考えられます。これはつまり、注文者が配達してもらおうとしている場所の住所を打ち間違えているということです。利用者の住所の入力ミスは正確な位置にピンを刺さらなくしてしまう、ピンずれの大きな要因の一つです。

いざ配達パートナーが指定された建物に到着したと思ったら利用者が意図していた住所とは全く違う場所で、配達が完了しないというケースがあります。注文者は正しい住所を入れていると思い込んでいるため配達されないことに苛立ち、配達パートナーは示された場所に向かったのにもかかわらず全く異なる場所であるということで途方に暮れてしまいます。このように根本的な住所の打ち間違えは双方にフラストレーションが溜めるため、今一度住所を確認し、ピンずれを回避しましょう。

配達先のビル名・マンション名の記載が無い

さらにもう一つの原因として配達先のビル名・マンション名の記載が無いことが考えられます。すなわち注文者の入力漏れです。丁目や番地、号などの入れ忘れはピンずれを引き起こす一因です。GPSを利用し、位置情報を自動入力した際には建物の名前や部屋番号が正しく入力されない、あるいはそもそも入力されない場合があります。

このことを失念して機能を利用してしまうと、ピンずれが発生してしまいます。またウーバーイーツのアプリのバグやアプリ内の住所入力欄の使い勝手の悪さが原因で、郵便番号だけで入力を完了してしまった場合にもピンずれが起きてしまいます。アプリのバグは仕方のない部分ですが、注文者は指定している住所に入力漏れがないことを再確認することをおすすめします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のピンずれの対策方法・直し方

先に述べたようにピンずれにはいくつかの原因があり、ウーバーイーツを利用していればピンずれは度々直面する問題です。実際にピンずれによって配達を遂行することができないのは配達パートナーにとっても注文者にとっても非常に不便です。ピンずれは配達員自身、あるいは注文者が意図的に修正できるものではありません。

ピンずれはシステム上の問題ですが、急成長中のUberはそこまで手が回らないのでしょう。そうなると自力でのピンずれの修正が不可能ないまの現状では、ピンずれをやり過ごす術を考えなければなりません。では配達パートナーが配達中にピンずれに出会ってしまったらどのように対処すればよいのでしょうか。いくつか対策方法や直し方をご紹介いたします。

家屋や電信柱の住所プレートを目視で探す

まず一つ目の解決策として家屋や電信柱の住所プレートを目視で探すことが挙げられます。アプリ上の地図が示す住所と実際の注文者の住所が異なるピンずれは、例外はありますが、大抵大きくても300m程度の誤差である場合が多いです。そのような場合には家屋や電信柱の住所プレートを目視で探し、そこから注文者の住所をたどっていくのがよいでしょう。

ピンの位置だけを頼りにしていると最悪、数百メートルほどずれた地域を探し回り、途方に暮れてしまうこともあります。人工衛星の通信具合によっては移動しているうちにだんだんとずれが大きくなってしまうのです。そういった状況に陥ったら、目視で住所プレートを探すなどのアナログ的な方法を試してみてはいかがでしょうか。

Googleマップに手動で住所を転記する

つぎに二つ目の対処法としてGoogleマップに手動で住所を転記するというものがあります。先に述べたようにピンずれはUber Driverアプリからナビというボタンを押し、ウーバーイーツ上の住所を自動的に入力し、Googleマップに移動する際に発生します。よってピンずれを防ぐには、ウーバーイーツのアプリ上で住所を確認し、Googleマップのアプリを別途開き、配達先の住所を手動で入力していくしかありません。

この方法を用いて、Googleマップで検索を行えば、ピンずれを未然に防止することができる上、確実に配達をすることができます。大変不便ですが、見当違いな場所に行って、その足で配達先を探し回るよりは時間効率の観点からも生産的でしょう。しかし注文者が記載している住所の情報が建物の名前だけだと、検索しても出てこないケースがあるので、そのような場合には次の解決策を試しましょう。

お客様に電話やチャットで配達先を直接聞く

さらに三つ目の方法としてお客様に電話やチャットで配達先を直接聞くという手段があります。注文者の情報のページを開くと、右上に電話のマークが表示されます。そこをタップするとチャット画面が出てくるので、注文者に事情を説明し、詳しい住所や手がかりになる近くの目印を教えてもらうのです。しかしチャットでの連絡だと、相手の返信を待つ分、時間がかかってしまいます。

よって早急に注文者と連絡を取りたい場合には同じ画面から電話をかけることをおすすめします。注文者には寛容な人が多く、配達が遅れるより電話される方がましと考える人も少なくありません。Googleマップで検索してもどうしても住所がわからない場合には電話で確認した方がよいでしょう。

地図情報の詳しい「いつもNAVI」を使用する

そして四つ目の対応策は地図情報の詳しい「いつもNAVI」を使用することです。「いつもNAVI」はゼンリンデータコムが運営する最新の地図情報やコンテンツを提供する地図サービスです。「いつもNAVI」ではUber DriverアプリやGoogleマップからは見ることができない、番地や建物名、戸建ての個人名まで確認することができます。

これを活用すればピンずれが起きていても、正しい住所や建物の名前さえわかれば配達先を比較的簡単に見つけることができます。配達先で迷うこともなくなりますし、お客様にチャットや電話をして迷惑をかける心配をする必要もなくなります。こういった外部アプリを使用して自力で問題を解決するのは時間的にも非常に効率がよいのでおすすめします。

移動後にピンズレがひどいことに気づいたらサポートに連絡してキャンセルすることも手段の一つ

最後の五つ目の手段として、サポートに連絡して配達をキャンセルするという対応策があります。もしも上記の4つの方法を検討してみてもピンずれがひどく、配達が無理そうならすぐにサポートに連絡し、配達をキャンセルするのです。自力でそれ以上あがいても、お客様をひたすら待たせるだけですし、自分もbad評価をもらってしまうだけなのでサポートに助けを求めるのが得策です。

配達パートナーは基本的に個人で働く仕事ですが、サポートに連絡すれば相談をすることができます。例えば注文者と連絡がつかない場合などには、配達のキャンセル許可を出してくれるなどの手助けをしてくれます。移動後にピンズレがひどいことに気づいたらサポートに連絡してキャンセルすることも手段の一つとして覚えておきましょう。

監修:本田 忠嗣 Uber Eatsの配達を累計5,000回以上行う配達のプロ。効率化を追求し、Uber Eats配達での月間収益は50万円を超える。配達にあたりノウハウをこのサイトで完全公開中。 メッセージ:フード注文1,000円引きクーポンを配布しています!「interjpe216jg4v」をご利用ください。
クーポンを利用する
配達パートナーの登録はこちら
「BIGLOBE WiMAX 2+」
Uber Eats配達パートナーにおすすめ! Wi-Fiを無制限で使えるWiMAX!

Uber Eats配達パートナーにおすすめなのがこちら「BIGLOBE WiMAX 2+」!

容量無制限のモバイルWi-Fi端末なので、Uber Eats配達による通信制限の心配が一切ありません!

サービス開始月は月額0円で利用できるのもポイントです💡

BIGLOBE WiMAXの申し込みはこちら
Uber Eats配達パートナーは必見! 持っておきたいアイテム集!

Uber Eats配達パートナーの方は必見です!

配達時に持っておくと便利なアイテムを楽天ROOMにまとめました。

配達で他の人と差を付けたい方はチェック必見です!

楽天ROOMで便利アイテムをチェック!
「BIGLOBE rakuten_room 2+」
タイトルとURLをコピーしました