Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で年収1,000万円を目指すことは出来るのか

疑問を持ったブタさん

ちょっと素朴な疑問なんだけど、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で年収1,000万円を稼ぎたいと思ったんだけど、出来るかな?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達でも、年収1,000万稼げれば、会社員をやめてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達をしようと思う人も増えるかも!?

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • お金持ちになりたい配達パートナーは結構多いような気がする件について
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達で1,000万円稼ぐためには、どれくらい稼げばよいか?
  • 【結論】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で1,000万円稼ぐのは、難易度が高めです

お金持ちになりたい配達パートナーは結構多いような気がする件について

この記事を書いている私も、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして日々活動をしているわけですが、どうも道行く配達パートナーを眺めていると、向上心の高そうな人が非常に多いように感じます。

ぶっちゃけ、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになりたい人って、お金持ちになりたい人が多いんじゃないかな?と、ざっくりと思いました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを始めようとする人の特徴は3種類に分かれる

個人的な意見にはなりますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを始めようとする人の特徴としては、大きく分けて以下の3種類に分かれると私は思っています。

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして、多少のお小遣いを稼ごうと考えている人
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーを専業で行い、生活の糧にしていこうと考えている人
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーと他のビジネスを行い、大きく稼いでいこうという人

人によってUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行おうとする理由は様々ですが、お小遣い程度を稼いでいこうと考えている人だけでなく、本気で生活の糧にしようとしている人、本業としてガッツリと取り組む人も実際にたくさん居ることが事実です。

さらには、個人事業主として、なにか他のビジネスに併せてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーも行い、大きく稼いでいきたい、と考えている人も居ます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは、総合的に見て、向上意欲が非常に高いです

これもまた個人的な意見にはなりますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動をしている人は、配達の取り組み方を見ると、非常に意欲的に、熱心に働いている人が非常に多いように感じます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーという働き方は、会社員とは異なり、完全成果報酬制なおかつ個人の好きなタイミングに好きな時間だけ働くことのできる、非常に自由度の高い働き方です。

そのため、会社員の人よりも、稼働するときには全力で配達をしよう、という人は必然的に多くなるのではないかと思います。

町中のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを見ても非常に熱心に配達に取り組んでいる上、Twitter界隈でも、非常に熱心に、本気で配達活動を行っている人が非常に多いと思います。

【本音】ぶっちゃけ、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは稼ぐポテンシャルがある

ぶっちゃけた話をすると、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動する人は、非常にポテンシャルの高い人が多いと感じています。

これは紛れもない本音ですが、下手に会社員として働いている人よりも、圧倒的に真面目に、そして一生懸命働いている人が多いでしょう。

会社員の場合は、とりあえず会社に在籍さえしていれば、月末には固定のお給料がポンと手に入ります。

しかし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの場合、そのようなことはなく、「自分の働いた分」しかお金を稼ぐことが出来ないので、怠けてはいられません。

とはいえ、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは皆さんそれを理解して仕事を行っているので、必然的にポテンシャルの高い人ばかりが集まるようになっているわけですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達で1,000万円稼ぐためには、どれくらい稼げばよいか?

さて、ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で1,000万円稼ぐためには、一日あたりどれくらい稼げばよいか?について解説をしていきます。

もしUber Eats(ウーバーイーツ)の配達で年収1,000万稼ぎたいと考えている人にとっては参考になるのではないかと思います!

年収1,000万円ということは、毎日休まずUber Eats(ウーバーイーツ)で一日28,000円稼げばOK

もしあなたが一年間、一日も休まずにUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行って、年間に1,000万円を稼ぎ出したい場合、計算式は以下の通りになります。

10,000,000 ÷ 365

これを計算すると・・・

27397円!

一日あたり、およそ28,000円をコンスタントに稼ぐことができれば、年収1,000万円に到達することができます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の1回の配達で500円を稼げると仮定すると、一日に54回の配達を行う必要があります(笑)

・・・ちょっと多い?

現実的にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達を考えると、週休2日の稼働なら、一日39,000円稼げばOK

上記は、「毎日、一日も休まずに稼働した場合」の条件になります。

つまり、相当ブラックな働き方をした場合での条件になります。(しかも一日50件以上の配達w)

、、、ということで、週休2日があるパターンで考えてみましょう。

1年間のうち、土日は合計で104日くらいあるようです。

つまり、計算式は・・・

10,000,000 ÷ (365-104)

ですよね。

この結果は・・・

38,314円!!!!!

週休2日を取得したら、一年間の平均で39,000円くらい稼がないといけないんですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を1件500円とすると、一日あたり76回の配達をする必要があるみたいです。。。超人カナ?

ここでちょっと気になったのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で最多の配達をする人って、どれくらいの配達件数をこなすのだろうか・・・

コンスタントで一日76回、週5日毎日配達するとなるのは、なかなか無理ゲーですね。。。

ちょっぴり気合入れて週休1日を繰り返したら、一日あたり32,000円稼げばOK

ちなみに、もう1パターン考えてみましょう。

週休1日の場合です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を行っている人は、週休1日くらいのペースで配達している人であればもしかしたらいるかもしれません。

1年間はおよそ52週ですので、365日から52を引けば稼働日数になりますね。

週一日の休みで1000万円を稼ぐためには・・・

10,000,000 ÷ (365-52)

ですね。その答えは・・・・・・・・・

31,948円!!!

一日コンスタントで31,948円を稼がないと、週1休みでは年収1,000万円に到達することができないようです。

・・・年収1,000万って、なかなか難しいんですね。

【結論】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で1,000万円稼ぐのは、難易度が高めです

ぶっちゃけた話、結論を言ってしまうと・・・

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で1,000万円を稼ぐのは、なかなか難易度が高めです。

【疑問】そもそも、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で1,000万円稼ぎたい理由は何でしょうか?

ここでそもそもの疑問を呈してみるのですが、あなたがUber Eats(ウーバーイーツ)の配達で1,000万円を稼ぎたい理由は、一体何でしょうか?

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達が自分の好きな働き方だから?
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)以外でお金を稼げる手段がないから?
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達だったら自分のペースで自由に稼ぐことができるから?

多分、理由は人によって様々あるかと思います。

だけど、もしかすると、あなたが1,000万を稼ぎたいと考えているのであれば、Uber Eats(ウーバーイーツ)以外の手段でお金を稼いだ方が良いかもしれません。

上記で計算してみてもわかったとおり、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で1,000万円を稼ぐのは、少し現実的でありません。

たぶん、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で1,000万稼ぐ気合があれば、他の事でもっと稼げるかも

この記事を読んでいるあなたが、もし本気で1,000万円を稼ぎたいと考えているのであれば、Uber Eats(ウーバーイーツ)以外の手段であれば、稼げる可能性は十分にあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして活動している人は、時代の波にのるのが得意で、かつ努力の出来る人が集まっていると私は思います。

そのポテンシャルを生かして、稼げる土壌で自分の持てる力を全力で発揮することができるのであれば、あなたが1,000万円を稼ぐことができてもなんの違和感もありません。

【結論】Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で1,000万円稼ぐことはあまり考えるべきではありません

結論を言ってしまうと、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達で1,000万円を稼ぐことはあまり考えるべきではない、ということですね。

ただし、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達が全く稼ぐことができないと言われるとそうではなく、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は、自分の好きなペースで自由に働くことが出来る、という大きな特徴があります。

この大きな特徴を生かして、副次的にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達活動を行いながら、多くの人に会って、拾えるチャンスをどんどん拾ってどんどん行動をすることであなたが1,000万円を稼ぐことのできるチャンスは大きく広がるのではないかと思います。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集