フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品が足りない!その原因と解決方法

問題点と解決方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品が足りない事がある

アプリを使って好きなお店の味を楽しむことができるUber Eats(ウーバーイーツ)。
配達員も増えエリアも拡大し、利用しやすくなりました。
気持ちの良い取引ができれば良いのですが、必ずしもそうとは限りません。

・注文したはずの商品
・お店で無償でつけてくれる商品
・オプションやトッピングとして注文をした商品

などが入っていないというケースもあるのです。
特に、コンビニエンスストアなどでの注文にその傾向が多くあるとも言われています。

「欲しいから楽しんだのに」と残念な思いをすることもあるでしょう。
入っていなかった分の料金が取られていないのであればと妥協をすることも1つの方法かもしれません。
しかし、料金を取られていたり「どうしても欲しかった」という際には、そのまま放置することはオススメできません。

なぜ商品が入っていなかったのか?
どのように対処をしたら良いのか?
という原因を知り、それに合わせた対応を行うようにしてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品が足りない原因

Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品が足りない原因はどこにあるのでしょうか。
以下、考えられる原因をまとめていきます。

店舗での欠品

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、アプリで注文をすると各店舗に連絡が届きます。注文が入れば、店舗が準備を行い近くに居る配達員がピックアップする仕組みです。

この途中、店舗側で「欠品」していることがあります。特に、コンビニエンスストアなどはこの傾向が強いのです。

店舗側での欠品で商品が足りない場合には、「欠品のお詫び」という紙が入っています。料金に関しては、欠品分の料金を返金してもらえます。

確認ミス

店舗側にも過失はあるのですが、配達パートナーは受け取り時に口頭確認を行います。
確認行為を行っていれば商品が届いていた可能性もあります。

配達員側のミスであると判断された場合、その分の料金は返金されます。

注文ミス

「商品足りない」と思って確認をしてみたら、利用者自身が注文をしていなかったというケースです。
この場合、当然ながらその分の料金は徴収されていませんので、返金などの手続きはありません。
注文を確定する前に、今一度しっかりとチェックするよう心がけて下さい。

店舗の入れミス

Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品が足りない原因として多いものが「店舗の入れミス」です。
注文を受けて確認をすると、その指示通りに商品をそろえるのですが、見落としや再確認を怠ってしまい入れ忘れてしまうのです。

受けた側としてはしっかりと対応する必要があるのですが、混雑時や商品数が多いと起こりやすくなります。

注文通りに配達パートナーに商品を託したという認識ですから、足りない商品分の料金は徴収されています。
利用者側は対応を行うことにより、返金をお願いしてください。
「このくらい仕方がない」「大した金額ではないから」と流す事はオススメできません。

今後、気持ちよく利用をするためにもそしてUber Eats(ウーバーイーツ)・店舗側の質の向上のためにも事例を報告することは大切なのです。

注文品数が多いと、利用者側で細かなチェックをしない場合があります。
時間が経過してからですと、対応してくれない可能性もありますので、届いたら必ず注文通りに届いているかを確認してください。

商品の売り切れ

商品が売り切れていて届けることができなかったというケースです。
限定メニューやコンビニエンスストアなどで特に見受けられる原因の1つです。

売切れている場合、配達パートナーから商品を受け取り中を開けると紙が入っています。
そこに欠品していることと料金に関する事柄、そして万が一の際の店舗側のサポートセンターの電話番号などが書かれています。

料金に関しては、紙にも書かれているのですが返金対応をしてくれるので安心してください。
アプリを見ると、金額が修正されているかが確認できます。

店舗や配達パートナーの中には、お届け前に売り切れていることをアプリ経由で伝えてくれることもあります。
この場合、利用者側が事前に納得したうえで配達をしてもらえますので、良い対応と言って良いでしょう。

なお、別の店舗で探してほしいなどの対応は行っていません。
契約店舗での注文のみとなります。
他の店舗で足りない商品を補いたいと考える場合には、別途注文をする必要があります。

配達パートナーが食べてしまった

多いケースではないのですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが食べてしまったという原因です。
ニュースなどでも取り上げられることがあるので、何と無く知っているという方もいるかもしれません。
配達パートナーはもちろん、それを仕事としています。
しかしクオリティや人柄はさまざま。

  • 途中でお腹が空いて食べてしまった
  • 好きな商品だったために口に入れてしまった
  • 経済的に厳しい状況なので食費を浮かすために食べてしまった

などということもあるのです。
許されない行為なのですが、もしこのことが分かった場合には、配達パートナーではなくUber Eats(ウーバーイーツ)に対応を申し出るようにしてください。
直接やり取りをしてしまうことで、利用者側が怖い思いをしたりトラブルに発展するかもしれません。

大切なのは妥協をしないこと。
時に、同情するような気持ちになることもあるでしょう。
しかし、先にも触れたように「仕事」なのですから対応はしっかり行ってください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品が足りない時はサポートに連絡

届いて開けてみたら商品が足りなかった。
という場合には、まずはアプリを確認してみてください。

アプリのアカウントページに進めと「ヘルプ」という項目があります。
進むと、チェック項目がいくつか表示されますので、状況に合ったものをチェックします。
そして送信をすれば「報告」が完了します。

これで解決できれば、足りない商品分の料金に対する返金がなされます。
訂正させた領収書がメールで届けば無事に解決。
その後、Uber Eats(ウーバーイーツ)サポートからメッセージが届くこともあります。
原因や対応について触れられていることもあるでしょう。

欠品や確認ミス・受け取りミスなどの場合はこのようにアプリからでも対応してもらうことはできるのです。

しかし、配達パートナーが食べてしまった・そのほかの現金がある場合にはアプリ経由だけでは解決しないこともあります。
その場合、Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートセンターに連絡を入れるようにしてください。

アプリやウェブ以外にも、Uber Eats(ウーバーイーツ)では電話対応を行うようになりました。
直接、スタッフに経緯を説明し商品が足りないこと・その原因や返金についての説明を受けましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポートへの連絡方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)での連絡方法ですが、アプリやサイト以外ですと「電話」となります。
メール対応は行っていません。

アプリやサイトで解決できない内容である場合や、問い合わせを行ったにもかかわらず反応が無いときや、すぐに返事が必要な状況にある際には電話問い合わせをしてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のサポート電話番号は以下の2つです。

  • 0800-700-6754
  • 03-4510-1243

電話をかけると、サポート担当のスタッフが直接対応にあたってくれますので、詳しく経緯を話してください。
原因と対応について説明を行い、さらには利用者の希望や意見も考慮してくれます。
しかし、オプションやトッピングの入れミスの場合「のみの配達は不可」というUber Eats(ウーバーイーツ)の規約があります。

再配達を依頼することは原則不可と考えてください。

そして、電話で問い合わせる際には必ず「オーダー番号」を伝えてください。
オーダー番号はアプリ内にて確認できます。