Uber Eatsで登録できない原因と解決方法を徹底解説!!

正社員の地位を捨ててでもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをする理由

疑問を持ったブタさん

自分でしみじみと感じるけれど、会社員で消耗をしているなぁ。控えめに言って、会社を辞めたい。だけど、正社員の地位を捨ててしまうのもなんだか勿体無い気がするなぁ。どうすればいいんだろう?、、、というか、正社員って魅力あるのかな?この時代ではもはや働き方もいろいろあるし、スーツ着て会社に努め続ける正社員のような生活を送らなくても生きていけるような気がする。。

そんなあなたの疑問を解決します。

この記事で提供できる情報
  • 正社員を辞めてまでもUberEatsの配達パートナーになる意味はあるのだろうか?
  • 正社員では絶対に味わえない、UberEats配達員だからこそのメリットとは?
  • 【正社員の価値】そもそも、あなたがそこまで正社員に固執する意味は何ですか?

正社員を辞めてまでもUberEatsの配達パートナーになる意味はあるのだろうか?

東京や大阪などの都心で会社員生活を送っていると、大きなリュックを背負ってUber Eatsの配達をしている人を目にする機会も多いかと思います。特に、昼休みの時間帯は会社員のみなさんも外食に行く機会が多く、そこで実際に近くでUber Eats配達パートナーをしている人とすれ違うこともしばしばあるでしょう。

会社員の視点から見ると、「Uber Eatsの配達をしている人たちって、どんな生活を送っているのだろう?」と疑問に思うことも少なくないはずです。たしかに、Uber Eats配達パートナーって会社員のようにオフィスで毎日8時間働く、というスタイルではないので、会社員しかしたことのない人にとっては全く想像がつかないのも不思議ではありません。

しかし、そんなUber Eats配達パートナーの皆さんも最初から今の働き方をしているわけではなく、もともとあなたのような会社員生活を送っていた人も多いのです。

そこでここでは、「一般的な正社員を辞めてまでも、Uber Eatsの配達パートナーになる意味はあるのだろうか?」というテーマで考えてみたいと思います。

結論:時間の自由を手に入れたい人は辞めるのがおすすめ

結論から言うと、自由な時間をたくさん手に入れたい人は、会社員を辞め、Uber Eatsの配達パートナーとして活動することをおすすめします。

そもそも、会社員として会社に属して働いている時点で、大半の時間を失っています。具体的な数値を挙げてみると、こんな感じです。

  • 朝の通勤にドアtoドアで1時間
  • 会社に早めに出勤して(始業の約1時間前)前日に残したタスクを消化する
  • 始業開始、8時間の労働を行なう
  • 昼休み休憩が1時間
  • 残業で1時間程度会社に居残りをする
  • 帰宅、ドアtoドアで1時間

こんな感じの生活を送っている会社員はとても多いと思います。

上に挙げた時間を剛健すると、13時間。なんと、一日の半分以上の時間を会社に関係する生活を送っているのです。そして、食事、お風呂で3時間、睡眠時間で8時間を確保をすると、なんとびっくり、24時間です。

こんな生活、どう思いますか?人生、消耗していませんか?

Uber Eats配達パートナーが正社員に勝るメリットは沢山ある

Uber Eats配達パートナーとして働くことに関しては、皆さんいろいろな思う気持ちがあるかもれません。実際にUber Eatsの配達パートナーとして活動したことのある私の個人的な感想を言わせてもらうと、「これ、正社員よりも良いことがたくさんある!」と思います。

Uber Eats配達パートナーとして活動を始めてから、もはや、無理して正社員を選ぶ必要はない時代なんだな、と、しみじみと実感しています。今の時代でもまだまだ「正社員としてしっかり働くのが大正義」という考えを持った人はたくさんいますが、実際、もう正社員としての価値は昔ほど残っていません。

正社員にまさる、Uber Eats配達パートナーならではのメリットについては下で深く解説をしていきます。

正社員に劣るUber Eats配達パートナーのデメリット

Uber Eatsの配達パートナーとして働く上で、正社員にまさるメリットは数え切れないほどたくさんありますが、一方、「この点は正社員のほうが良いかもな」と思う点もあります。いわば、Uber Eats配達におけるデメリットです。

具体的にUber Eatsの配達パートナーとして活動する上でのデメリットを書き出してみたいと思います。

  • 天気の悪い日には視界が悪く、活動をしにくい
  • 報酬が日によって異なり、安定しない
  • 有給がない
  • 自分が活動しないと、その日の収入はない
  • 怪我をしてしまうと、活動ができない
  • 確定申告をする必要がある

こんな感じですかね。やはり、大きなデメリットとしては、正社員のように有給が無く、Uber Eats配達パートナーは完全成果報酬制のため、活動できなくなったらお金が入ってこない、という点がデメリットして挙げられる大きなものだと思います。

正社員では絶対に味わえない、UberEats配達パートナーだからこそのメリットとは?

具体的に、正社員では味わうことの出来ない、Uber Eats配達パートナーならではの利点やメリットを考えてみたいと思います。

私は、一般的な会社員とUber Eats配達パートナーの両方を経験したことがありますが、そのおかげで、普通の会社員では味わうことの出来ない、Uber Eats配達パートナーならではのメリットというものがたくさんあることを実感することができました。

それこそ、会社員の生活と比べると、Uber Eats配達パートナーは、新しい視点や世界観が生まれ、いつもの景色が全く違うものに感じることさえあるくらいの大きな差も感じることができるのです。

会社員しかしたことのない人がびっくりするほどの魅力をUber Eatsは持っています。現在の会社員生活にマンネリ化していて、もやもやしているような人は是非Uber Eats配達パートナーの魅力を知っておくのが良いでしょう。

シフトが無いので自分のコンディションに合わせて活動することができる

Uber Eats配達パートナーはUber社に雇用されて働くわけではありません。あくまでも、Uber Eatsの配達パートナーは「個人事業主」や「業務委託」と言われるような形式で働きます。

そのため、普通の会社やアルバイトのように、「何時から何時まで働いてください」というようなシフトの指定をされることがありません。

Uber Eats配達パートナーは自分の働きたい時間帯に自分の働きたい時間だけ働くことができます。その日のコンディションによっても、働くか働かないかの選択をすることができます。この点は、一般的な会社員やアルバイトと違い、自由度の高さが魅力的です。

配達した量に応じてしっかりと報酬が支払われる

Uber Eats配達パートナーの報酬は、完全成果報酬制になります。報酬額はその日のプロモーションや地域によって多少異なりますが、Uber Eats配達パートナーの場合、配達1件ずつに対して報酬が支払われます。

一般的なアルバイトや正社員の場合、基本的に給料は時給制ですよね。何時間働いたらいくら、同じ時間内であれば、どれだけ効率的に仕事を行おうがだらだら仕事を行おうが報酬額は変わらない、といった感じです。(さらに、正社員にでもなれば、残業代が支払われない事も多いです。ひどい話です。)

しかし、Uber Eats配達パートナーの場合、配達すればした分だけの報酬を受け取ることができます。そのため、効率的に仕事をこなせばこなすほど、報酬は上がっていく、ということです。

この点は、一般的な会社員のような被雇用者と個人事業主の大きな違いですね。

雇用されない、完全成果報酬型の働き方なので自分の力でお金を稼ぐ感覚が身につく

Uber Eats配達パートナーの働き方は、雇われている会社員としての働き方よりも、いわば、ビジネスオーナー、社長の働き方に近いものがあります。

時給での仕事ではなく、完全に成果報酬型の働き方であるので、ただ時間を過ごしているだけでは良い報酬を受け取ることはできません。しかし、頭を使って配達効率を伸ばしていけば、その分報酬を伸ばすこともできます。

完全成果報酬だと、「自分でお金を稼いでいる」という感覚が生まれます。会社員やアルバイトでの労働の場合、「一定時間会社、バイト先にいたらお金がもらえる」という思考になりがちですが、Uber Eatsはそれとは違います。自分の手でお金を生み出している感覚を持てるので、とても充実感があります。

【正社員の価値】そもそも、あなたがそこまで正社員に固執する意味は何ですか?

ぶっちゃけた話をしてしまいうと、このご時世、正社員であることの恩恵はどんどんと薄れていっています。

特に、このご時世はインターネットを活用した仕事がメインであるため、また、Uber Eatsやメルカリのシェアリングエコノミーが普及してきたため、会社に属していなくても、個人でビジネスを行なうことがとても用意になりました。

しかし、世の中はまだ「正社員」という肩書に安心と誇りを持っている人がとても多いように感じます。ここでお聞きしたいのが、多くの人がそのように思っているなかで正社員をこれからも続けていくメリットは何でしょうか?そもそも、あなたが正社員に固執する意味は何なのでしょうか?ここでは、そういった内容について私の持論をお話させていただきます。

そこまで苦しい思いをしてまで会社にへばりつく必要は無い気がします

ぶっちゃけた話をすると、今の御時世、あなたが思っているほど会社に固執する必要はないかとおもいます。会社に対して、安心感を求めているがために会社に残り続けている人が多いと思いますが、それ以上に会社員は弊害があることも事実です。

そもそも、「残業を払わない」会社がある、という時点で人権を完全無視した奴隷的な人の利用をしているとしか思えないのですが、日本にはそんな会社は山ほどあります。日本人の働き方は、平均して世界の常識からずれているんですよね。それも悪い方向に、大きく。

そういったこともあり、会社に忙殺され、自殺者も少なくないのが現状としてあります。だけど、それって、そもそも、会社に努めていなければそのような最悪の事態は起こりませんでしたよね。

もっと視野を広く持ちましょう。あなたがUber Eatsの働き方に出会えたのは幸運だと思います。この機会に、あなた自身、もう一度自分の働き方について考え直してみましょう。

どんなに会社で頑張って働いても、手当は子どものお小遣い程度、なんてことも

先程も書きましたが、会社員として働く上で、正当な評価をされないことが多いです。

例えば、取得に100時間かかる資格のために必死に勉強をし、資格を取得したとしても、手当は月に1000円アップ、2000円アップ、といった事例もあります。必死に頑張って勉強したにもかかわらず、子供のお小遣い程度しか給与が上がらないなんて、バカにされたような気分になりますよね。

そうこうしている間にUber Eatsで配達をこなしていたほうが圧倒的に良いと思います。概算になりますが、Uber Eatsでは淡々と配達をしている場合、大まかな時給の目安が1000円から1500円程度になることが多い*です。その場合、100時間稼働した場合、10万円の報酬を受け取れることになります。

仮に100時間の勉強で月に1000円しかもらえない場合、累計して10万円を受け取れるのは100ヶ月後、つまり8年以上もかかってしまうのです。悲しい話ですね。

そんなわけもあり、会社って自分のプラスになることも少なからずあるかもしれませんが、搾取されていることのほうが圧倒的に多いです。会社に人生を捧げてしまうよりももっと良い生き方は絶対にあります。その選択肢の一つとして、Uber Eatsの配達パートナーをすることが挙げられます。

*報酬は地域、プロモーションなどによって変動します。

【脱社畜】この時代、自分の人生を生きるには給与所得以外の収入も稼ぐ必要がある

会社に縛られずに生きていくためには、会社やアルバイトの給与所得以外でのお金の稼ぎ方を学ぶ必要があります。日本に住む大半の会社員は、給与所得しか得たことがありません。そのため、このような話題を身近な会社員に聞いても、誰も知らない、というのが現実です。

給与所得以外を稼ぐ方法はいろいろあります。ざっと挙げてみると、このような感じです。

  • 不動産投資
  • 株投資
  • ブログ・アフィリエイト
  • 物販・ECサイト運営
  • ウェブライティング
  • プログラミング
  • コンサル・マーケティング
  • note出版
  • Kindle出版
  • Uber Eats配達パートナー

などなど、たくさんあります。この中でも、経験のない人が一番始めやすいのが、Uber Eats配達パートナーです。

Uber Eats配達パートナーの大きなメリットとして、初日からある程度の報酬を生み出すことができる、という点があります。

給与以外の所得で稼ぐためには、大半は花が咲くまで種まきの時間が必要になりますが、Uber Eats配達パートナーの場合は説明会に参加して稼働準備が整ったらあとは配達をするのみです。この点が、給与所得以外の手段の中でもUber Eats配達パートナーがおすすめな理由の一つとなります。

【a】Uber Eats 配達パートナー募集