フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文した商品が冷めている原因と解決方法

問題点と解決方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品が冷めていることがある

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用すれば食べたい料理を注文するだけで街に待機している配達員の方がお店から自宅までデリバリーしてくれるの本当に便利なサービスです。

もはや街中で一生懸命に自転車をこいで料理をデリバリーしている配達員の姿を見かけることは当たり前の光景となってきました。そんなUber Eats(ウーバーイーツ)の料理ですが、せっかくデリバリーで料理を注文して自宅に届いたのに料理が冷めていたことがあります。

今回はそんなUber Eats(ウーバーイーツ)の料理が冷めてしまう原因について考察していきたいと思います。普段からUber Eats(ウーバーイーツ)を使っていて料理が冷めているのは納得できない!許せない!とい方は是非読んでみてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みについてもわかりますので少しは納得することができると思います。これからUber Eats(ウーバーイーツ)を頼んでみようと思っている方も必見です!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品が冷めている原因

Uber Eats(ウーバーイーツ)の料理が冷めている原因について考えてみましょう。料理が冷めてしまうのはお店から受け取ってから配達に時間がかかってしまうケースがまず考えられます。

これは少し考えればわかりますが単純に出来立てアツアツの料理であっても配達するのに時間がかかってしまえば料理は当然ながら冷えてしまいます。次に配達パートナーの方に原因がある場合です。

例えば配達する際のバッグは保冷バッグをみなさん背負っているのですが、配達パートナーがバッグに入れなかったりすると当然、料理は冷めやすくなるでしょう。次に配達パートナーがお店から料理を受け取るのが遅いケースです。

配達する前に料理の受け取りが遅くなればそれだけ料理も当然冷めやすくなります。最後にレストランから配達先の距離が遠いケースです。これは遠ければ時間はかかるのは当然ですので、配達パートナーもレストランも悪いとはいえないのでやむを得ないと言えます。

配達に時間が掛かっている

まず、料理が冷めてしまうことの原因として真っ先に考えられるのは配達に時間が掛かってしまうケースです。これに関しては誰もが考えることでしょう。

レストランで作ったアツアツの美味しい料理もレストランから注文者の方の場所まで配達するのに時間がかかってしまえば保冷バッグに入れて冷めないように工夫をしていても冷めてしまうことは避けられません。配達に時間がかかってしまうのは配達パートナーの方が道に迷ってしまったり、まだ配達を始めたばかりで不慣れな配達パートナーの方であると配達するのに時間がかかってしまうと思います。

これに関してはアプリで配達パートナーの方がどの位置にいるのかについても知ることができるのでUber Eats(ウーバーイーツ)を利用することに慣れている利用者の方であれば「ああ・・・今回の配達パートーナー遅いな。」とか「今回の人はハズレだな」とか予想することができるのではないでしょうか。配達の宿命とも言えます。

配達パートナーがバッグに入れないで配達をしている

次に配達パートナーがバッグに入れないで配達しているケースです。Uber Eats(ウーバーイーツ)を街中で見かけたことがある人は大きなバッグにUber Eats(ウーバーイーツ)のマークがデカデカと張ってあるバッグで配達しているのを見た方も多いでしょう。

あの大きなバッグは保冷バッグになっていて出来立ての暖かい料理をなるべく冷ますことなく運搬できるようになっています。普通の配達パートナーであればそのバッグに入れて料理を運ぶことは当たり前のことなのですが、一部の配達パートナーではこの保冷バッグに料理を入れることなく、料理を運ぶ配達パートナーもいます。

当然、バッグに入れずに料理を運ぶのですから保冷バッグに入れるよりも冷めやすくなってしまいますし、料理の崩れてしまうケースも増えるでしょう。ウーバーイーツ専用のバッグでなくとも自前のバッグで運ぶことも許可されているので例えば保冷機能のないバッグで運んでいても冷めやすくなってしまいます。これは配達パートナーに原因があると言ってもよいでしょう。

配達パートナーの商品の受け取りが遅い

次は配達パートナーがレストランから商品を受け取るのが遅いケースです。配達する際に道に迷ったりしてしまい配達が遅くなるケースとは微妙に異なりますが、レストランで料理が完成してから配達をお願いしたいのにいつまでたっても配達パートナーがレストランに来ないケースです。

料理を運んでくれないとそれだけ完成から時間をロスしてしまうので料理はどんどん冷めてしまいますし、味や品質も落ちてしまうでしょう。このケースは利用者がレストランに料理を注文しても近くに料理を運んでくれる配達パートナーの方がなかなか見つからないと起きるケースです。

こうやって考えてみるとUber Eats(ウーバーイーツ)のサービスは利用者とレストラン、そして料理を運んでくれる配達パートナーと3者の需要と供給が一致しないとなかなか成り立たないサービスだと言えますね。このケース以外に単純に配達パートナーがレストランを探すのに時間がかかっただけのことも考えられますが。

レストランから配達先までの距離が遠い

最後に物理的にどうしても難しいケースとなりますが、レストランから配達先までの距離が遠いケースです。このケースの場合は配達パートナーがベテランの方でレストランから配達先の道順について迷うことなく目的地に到着することができても、料理をピックアップするレストランから配達先までの距離がある場合はどうしても時間はかかってしまいます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用する際は配達場所である自宅からレストランの距離についても考えてみればどれくらいで料理が届くのかおおよその検討はつくかと思います。自宅とレストランが遠いと自覚しているのであれば利用者の方はある程度、料理が冷めて届くこともあるだろうと予想した上でUber Eats(ウーバーイーツ)を利用すれば精神的なショックは少ないと思います。

このケースはレストランも配達パートナーも悪くないのでやむを得ないケースと言えるでしょう。自宅がレストランから遠いのであればある程度の覚悟は利用者にも必要です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品が冷めていて嫌な時はサポートに連絡

これまでUber Eats(ウーバーイーツ)の料理が冷めているケースについて説明してきましたが、利用者の方には「そんなの関係ねぇ!」「いや、料理が冷めているのは許せない!」と考えている方もいるでしょうか。

やむを得ないケースは仕方ないと思いますがどうしても納得することができない、そんな方にもUber Eats(ウーバーイーツ)は専門のサポートデスクを設置していますので、どうしても許せないといったケースに遭遇した方は相談してみてはいかがでしょうか。

クレーム対応としてUber Eats(ウーバーイーツ)は次回使える割引クーポン券を渡すケースもあるようです。今回は料理が冷めているケースについて案内していますが、配達員の方の態度が非常に悪かったり、料理がぐちゃぐちゃに崩れていた、そもそも料理が届かなかったなどのケースでも対応してくれます。

電話番号は0800-700-6754となっています。専用のアプリを使っても対応してくれるのでどうしても納得いかない事態に遭遇した方は利用してみるのもアリだと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品が冷めるのは仕方ない

以上、Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品が冷める原因についてまとめてみました。こうしてみるとUber Eats(ウーバーイーツ)の商品が冷めてしまうのはやむを得ない事情もあることがわかりました。

美味しいアツアツの料理も自転車やバイクで配達するので外気にさらされてしまう機会はどんなに気を付けていてもどうしてもありますし、配達する以上はやむを得ないことなのかもしれません。それを見越してUber Eats(ウーバーイーツ)もサポート体制を整えていることからある程度は許してあげることが利用者側も必要なのだと思います。

料理が冷めてしまったのであれば、自宅など可能であれば自分で電子レンジなどを使って料理を温めてあげるなどの対応を行うと良いでしょう。今後もますます拡大していくことが見込まれるUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、上手に利用して自分が食べたい料理を美味しく食べたいものですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の商品が冷める原因について案内しました。今後もうまくUber Eats(ウーバーイーツ)を活用しましょう!