フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)注文で「お届け先の住所が店舗から遠すぎます」と出てしまう原因と対策

問題点と解決方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)注文で「お届け先の住所が店舗から遠すぎます」と出てしまう原因

Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用して食事を注文する際、「お届け先の住所が店舗から遠すぎます」というメッセージが表示され、注文ができなくなってしまうケースがよくあります。

住所情報は一切変更していないのにもかかわらず、どの店舗のページを見てもカートを開くとこのメッセージが表示されてしまう場合や、以前までは問題なく注文できていたのに突然できなくなってしまう事案が発生している事例が報告されています。

このエラーが発生する原因や対処法についていくつかご紹介していきます。

あなたが注文しようとしている場所が、店舗の配達エリア内に無い

まず考えられる原因として、シンプルにあなたが注文しようとしている場所が、店舗の配達エリア内に無いことが考えられます。つまりあなたはお店の配達エリアの外におり、その場所は店舗の対応エリアではないため、配達が不可能ということです。

配達エリアの設定と調整は各店舗が行っているため、店舗から遠すぎる地域には配達できないようになっています。よってそのような場合、単純に「お届け先の住所が店舗から遠すぎます」というメッセージが表示されるのです。

天候や時間が原因で、稼働している配達パートナーが少なすぎる

もう一つの原因として、天候や時間が原因で、稼働している配達パートナーが少なすぎることが考えられます。たとえあなたが配達対応エリア内にいて、店舗が営業中でも、周りに配達パートナーが不足していた場合にはこのメッセージが表示されることがあります。

特に雨や雪の日には、事故や怪我を避けるために配達をしたくないと考える配達パートナーが増える傾向にあります。また悪天候の日以外にも早朝や夜の遅い時間帯などは配達パートナーが少なくなってしまうため、注文ができなくなってしまう問題があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)注文で「お届け先の住所が店舗から遠すぎます」を解決する方法

では「お届け先の住所が店舗から遠すぎます」というメッセージが表示された際の対処法はなんでしょうか。この問題の解決方法は大きく分けて3つあります。

1つ目はあなたの配達エリア内にある店舗に注文をすること、2つ目はあなたが店舗の配達エリア内まで移動してから注文をすること、3つ目は配達パートナーが多く活動するランチタイムやディナータイムに稼働をすることです。以下でそれぞれ詳しく解説します。

あなたの配達エリア内にある店舗に注文をする

上記で説明したように、メッセージが表示される原因の1つに、あなたが注文しようとしている場所が、店舗の配達エリア内に無いことが考えられます。よってあなたの配達エリア内にある店舗、つまりあなたの家からより近い距離にあるお店に料理を注文することが解決策になります。

店舗側の配達エリアの拡大を祈って待つという選択肢もありますが、それは少し時間のかかる対処法ですし、確実ではありません。あなたの家まで配達可能な近くにあるお店を把握しておきましょう。

あなたが店舗の配達エリア内まで移動してから注文をする

他の方法としてあなたが店舗の配達エリア内まで移動してから注文をすることが挙げられます。これはあなたが本来配達してもらおうと思っていた場所(家)から移動して、配達エリア内の公園や駐車場などに赴き、注文を行いその場で受け取るという方法です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)にはGPSで位置情報を取得して注文する機能があります。これを活用し、店舗の配達可能エリアまで自らの足で赴き、そこから料理を注文するのです。移動する手間がかかってしまいますが、どうしてもその店舗から注文したい場合に有効です。

配達パートナーが多く活動するランチタイムやディナータイムに稼働をする

先に述べたように天候や時間が原因で、稼働している配達パートナーが少なすぎる場合にもメッセージは表示されます。よって確実に注文したい場合にはランチタイムやディナータイムなどのピーク時を狙いましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の売り上げに基づく公式アナウンスでは、配達リクエストが一番多く入る時間帯は11時から14時、18時から21時とのことです。

配達パートナーもこの時間を目安に活動を活発化させていることが予想されます。よってピーク時に注文することで、配達パートナー不足によるメッセージの表示を回避することができます。

タイトルとURLをコピーしました