フード注文の登録
配達パートナーに登録

Uber Eats(ウーバーイーツ)台東区エリアの給料予想!注文・配達を解説

東京 Uber Eats(ウーバーイーツ)エリア情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)台東区のサービスは始まっている?

上野や浅草で有名な、東京のなかでも下町のイメージが強い台東区。

住みやすさでも定評がある土地で、東京23区内では面積は小さいものの、お店やオフィスなどの商業エリアが多く盛えている土地ですね。

さて、2016年に東京都を中心にサービスを開始したUber Eats(ウーバーイーツ)ですが、台東区ではサービスは開始されているのでしょうか?

調査したところ、随分前から台東区全域でUber Eats(ウーバーイーツ)のサービスは始まっているようですね。

今回は、そんな台東区のおすすめのお店やUber Eats(ウーバーイーツ)が稼げるのか等の情報についてご紹介していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)台東区のおすすめ加盟店・レストラン店舗情報

台東区のUber Eats(ウーバーイーツ)の加盟店はなんと100店舗以上あります。

おすすめなのは、
有名なチェーン店だと「ケンタッキー・フライド・チキン」や「マクドナルド」や「モスバーガー」
お寿司屋さんだと「きんのだし」「すしざんまい」
中華のジャンルだと「餃子の王将」などがいいですね。

デザートだと「サーティワンアイスクリーム」も配達可能圏内にあるのが嬉しいですね。
あとは人気のお店は「バーガーアンドミルクシェイククレイン」というハンバーガーのお店や、
「欧風カレーホンディ」というカレー店、
「カフェごはんとコーヒー 淡路町カフェ カプチェット・ロッソ」というカフェなどが高い評価ですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)台東区のサービス営業時間

Uber Eats(ウーバーイーツ)は東京や大阪の繁華街を中心に年々営業時間を拡大していますが、営業時間外の時間帯もあります。

台東区のUber Eats(ウーバーイーツ)のサービス営業時間は、朝8時から深夜1時までです。

しかし、お店の営業時間にもよりますので、お店が開店していない時間では注文することはできません。

注文が可能かどうかは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文アプリで確認することができます。

ちなみにUber Eats(ウーバーイーツ)は年中無休です。年末年始でもお店が開店していれば、注文することは可能です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)台東区の配送料・基本料金

Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達員が注文した料理や商品を運んでくれるわけですから、配達パートナーに対しての「配送手数料」が発生します。

配送手数料はお店や配達時間帯によって異なり、50円以上を設定しているお店もあれば、300円発生することもあります。

また、「配送手数料」の他に「サービス料」も基本料金として発生します。このサービス料はレストランの従業員が直接配達をしてくれる場合は請求がありませんが、そうではない場合には発生します。

料金はだいたい商品の5%や10%程です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)台東区で使えるお得なクーポン情報

Uber Eats(ウーバーイーツ)では初回利用時やお友達紹介時等のタイミングでクーポンとなる「プロモーションコード」が配信されることがあります。

ただし、無期限ではないものが多いため、期限や利用できる配達エリア等、詳細の確認が必要です。

「プロモーションコード」を入力することで、大きいものだと2,000円の割引になったり、は配達料無料になることもありますので、ぜひ利用したいですよね。

7月23日現在、8月8日までの初回割引クーポンとして、プロモーションコードが配信されています。コードは「JPEATS2002」です。今まで利用したことのない方はぜひご利用ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)台東区の注文の始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)の注文の始め方はとっても簡単です。

まずUber Eats(ウーバーイーツ)のアプリをスマホにインストールし、ご自身の電話番号・メールアドレス・パスワード・名前を入力しましょう。

配達先の住所を入力すれば基本登録は完了です。後は、気になるお店を探して、商品を選択しましょう。

店舗によってはカトラリー(スプーンやお箸等)を追加するかはオプションになっていますので、必要な方は忘れずに追加しましょう。

そしてクレジット決済等で注文を決済すれば、注文完了です。場所にもよりますが、遅くても40-50分以内には配達パートナーの方が商品を持ってきてくれます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)台東区は稼げる?

街を歩くと高確率でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員の方に遭遇しますね。

台東区でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをした場合、稼げるのでしょうか?

調査したところによると、台東区でのUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは稼げるようですね。

というのも、台東区は他のエリアに比べサービスの営業時間が長く、また店舗が多いです。

また下町でもあり住んでいる方も多いので、注文数は他のエリアに比べ多いようですね。

やはり、ランチタイムである11~14時、ディナータイムである18~20時が繁忙時間帯となり、注文が多いため、その時間に積極的に配達をすると稼げるようです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)台東区の配達の始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーになるためにはどうしたらよいのでしょうか。

登録方法についてはWEB上で完結し、とても簡単です。

まずはUber Eats(ウーバーイーツ)のアカウント作成が必要になります。

その後、配達に使用する乗り物を登録し、本人確認書類等の必要書類をWEB上でアップロードします。

その後、給与の振り込み先となる銀行口座を登録。そして配達バッグをアマゾンで購入し、その後交通ルールに関するクイズに回答すると、配達パートナー専用のアカウントが有効になり、さっそく配達を開始することが可能です。

ただし、18歳以上であることが必要ですのでご注意ください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)台東区で稼ぐための方法

台東区でUber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐためには、いくつかコツがありますが、一番重要なことは効率的に移動することです。

バイクでの移動も快適で速いのですが、最近駐禁取締も多いため、もしレストランへの商品のピックアップの際に取締に当たってしまうと1日が無駄になってしまうこともあり得ます。

台東区は上野を中心に坂道が少ないため、自転車でも無理なく配達することが出来るでしょう。

そしてピークタイムとなる11~14時のランチタイム、18~20時のディナータイムに積極的に稼働すると稼ぐことが出来ると思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)台東区で稼げるエリア

台東区は上野や浅草、秋葉原、日暮里、南千住エリア等いくつかのエリアに分かれますが、一番稼ぎやすいのが上野エリアです。

ピックアップできるレストランや店舗も多いため、上野エリアを中心に活動している配達パートナーも多いようです。

ただし休日・祝日は観光客が多いため、人混みをかき分けて移動しないといけないのが難点ですね。

また、お店が密集しているため、ピックアップする店舗を間違えないようにする注意が必要です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)台東区の給料・報酬予想

シフトもなく、空いた時間で気軽に稼げると話題のUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーですが、実際にどれくらい稼げるのでしょうか。

結論から言うと、だいたい相場として時給1,000円ほど稼げるようです。

もちろん、ピーク時に効率的に対応できるかや、注文者の現金払いに対応設定するか等にもよります。

現金払いに対応すると、配達パートナーでお釣りを用意する必要があるのが面倒ですが、その分ピックアップ対応できる件数も増えるようです。

時給1,000円とすると、稼働を土日、1日5,6時間対応したとしても48,000円ほどの収入になりますね。副業とすると大きな収入です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)台東区まとめ

台東区でのUber Eats(ウーバーイーツ)は他のエリアに比べサービスの営業時間も長く、また店舗が多いため注文者にとってとても魅力的ですね。

まだUber Eats(ウーバーイーツ)を利用していない方は、早速アプリをインストールしてクーポンを活用して頼んでみると良いですね。

疲れた時や、家で美味しいものを食べたいときに活用すると本当に便利です。

また、配達パートナーにとっても稼げるエリアでもありますので、配達パートナーに興味がある方は一度登録してみてはいかがでしょうか。